arrow_abovearrow_rightcase_study_num1case_study_num2case_study_num3case_study_num4case_study_num5case_study_titlecompany_titlecontact_title© SAKUSEN TOKYO Inc.gnav_contactgnav1gnav2gnav3gnav4gnav5journal_titleNOTErepresentative_titlescroll_btnwhat_we_do_sub_title1what_we_do_sub_title2what_we_do_sub_title3what_we_do_titlework_flow_num1work_flow_num2work_flow_num3work_flow_title

ゴールを創造し
達成する、
戦略的PMOを。

クライアント内のプロジェクトマネージャーや
メンバーと共に並走し、
組織横断の様々な
マーケティングプロジェクトを成功に導く
PMO(Project Management Office)
チームです。
ゴール創造から、戦略戦術開発、
プロジェクトマネジメントまで、
様々な機能でサポートします。

組織横断の課題を解決する、
外部PMOとしての
コミット力。

デジタルの進展により顧客の行動が一変し、従来の縦割り組織では顧客行動に対応できない環境となった今。DX、BX、CX、全社ブランド管理、データ環境整備など組織横断プロジェクトがクライアント課題として頻出し、課題解決の横断化が必要要件になっています。しかし、社内PMO組織がない企業も多く、社内メンバーでは公平公正にプロジェクトを管轄できない可能性もあるため、外部PMOのコミットが重要です。

プロジェクト横断イメージ

戦略的PMOとしての機能

ゴール設計

プロジェクトの土台をなすのは、ゴールの創造。
現状と理想のギャップを把握し、want toを言語化することで、プロジェクトゴールを明確にします。さらにプロジェクトに関わる人のエフィカシーを向上させ、ゴールを達成可能なものとして可視化します。

戦略設計/戦術構築

ゴールを実現するための、戦略の設計と戦術の構築。
ターゲットの可視化、STP、カスタマーシナリオなどを活用した戦略設計と、それに基づく商品やサービスなどの改革、コミュニケーションプランニングを行います。さらには組織改革までもサポートしていきます。

プロジェクトマネジメント

ゴールを実現するための、プロジェクトプロセスの管理から、社内/社外を含めたチームビルディング、ステアリングコミッティの運営まで、プロジェクト全体をマネジメントします。

戦略的PMOのワークフロー

プロジェクトプロセスの設計
  • – 現状の問題と課題の仮説設計と、それを解決する戦略仮説の方針策定。
  • – プロジェクトプロセスの全体設計とスケジュール策定
  • – クライアント内チームと弊社PMOチームのチームビルディング(プロジェクトオーナーの設定
    と役割の明確化)
ゴール設定
  • – 現状の問題、課題などの把握(ヒアリング)
  • – プロジェクトオーナー/メンバーのwant toの抽出と可視化
  • – 臨場感と解像度の高いプロジェクトゴールの可視化(ワークセッション)
  • – ゴールに向かうための新たなプロセスの創出(プロセスチューニング)
プロジェクトマネジメント
戦略設計/戦術開発
  • – 戦略の構築(ターゲット/STP/バリュープロポジションの可視化)
  • – カスタマーシナリオを活用した、重点課題領域の特定
  • – 戦術展開へのサポートと戦術実行パートナーのチームビルディング
  • – データ活用戦略の構築
プロジェクト進行
  • – プロジェクト進行のディレクション
  • – プロジェクトのスケジュール、TASK管理(WBS/ガントチャートなどを活用)
  • – ステアリングコミッティ、分科会などの運営。
  • – プロジェクトレポートの策定と提出
  • – プロジェクトPDCA(NEXTアクションへの起案)

PMOプロジェクト

  • 大手教育系出版社

    商品、サービスを「顧客の感情価値」から捉え直し、商品、サービスの改革を実行。ゴールをワークショップで設定。戦略設計も行い、カスタマーシナリオを活用しターゲットごとに最適化された商品開発をサポートしています。

    • – CX
    • – 組織横断商品開発
  • 化粧品メーカー

    スキンケア商材のCX設計と外部パートナーのディレクション。クライアントの顧客化プロセスを定義し、KPIを設計。デジタル体験とリアル(店舗体験)の連動を設計。

    • – CX
    • – DX
  • インターネットサービス・
    プロバイダー

    目標会員数の達成に向けた、マーケティング全体のデジタル支援プロジェクト。顧客化プロセスごとにKPIを設定し、歩留まり率などを“帳票化”。また、その会社らしさの定義も行いブランディングも並行して実行。

    • – CX
    • – DX
    • – ブランディング
  • 金融業

    VISION/MISSION/VALUEの設計プロジェクト。社長交代を期に会社の目指すゴール設計や、そのゴールを実現するためのワードを策定。社内浸透策などのマネジメントも実行。

    • – ブランディング
  • 広告代理店 デジタル部門

    デジタル部門全体の方針のアドバイザリーを実行。
    DX、CX、BXなどのプロジェクトのチーム形成などへのアドバイスを行っています。

    • – CX、DXなどのアドバイザリー

SAKUSEN TOKYO代表紹介

株式会社
SAKUSEN TOKYO
代表取締役
堀昌之
Masayuki Hori
  • PMOディレクター
  • マーケティングコンサルタント
  • プロフェッショナルコーチ

外資系広告代理店、総合広告代理店、ネット広告代理店などで、クリエイティブディレクター/マーケティングディレクターを歴任。ブランド側においても、マーケティング責任者を務める。

SAKUSEN TOKYO設立以降は、CX、DX、BX、ブランディング活動など社内横断のマーケティングプロジェクトを数多くディレクション&サポート。

“ゴールを創造し実現する、戦略的PMO”としての
考え方や視点を
SAKUSEN TOKYO代表の
堀が発信していきます。

会社概要

  • 会社名
    株式会社SAKUSEN TOKYO
  • 所在地
    東京都渋谷区恵比寿西
    1-32-16 5F
  • 設立年月日
    2014年1月7日
  • 事業内容
    1. 社内横断プロジェクトの外部PMOとしてのコミット。
    2. オンライン/オフラインを活用したマーケティングの戦略設計。
    3. 商品/サービス開発、メディア開発、人材開発などのサポート。
  • 役員
    代表取締役 堀昌之
  • 資本金
    1,000,000円

お問い合わせ

プロジェクトマネジメントのご相談はこちら
組織を横断したプロジェクトに関する
様々なお悩み、お困りごと、
まずはお気軽にご相談ください。